新幹線格安切符 回数券

新幹線の回数券と金券ショップの格安チケットはどちらが安いのか?

回数券と金券ショップのチケットはどちらが安い?
そんな疑問を解決していきましょう。

 

新幹線の回数券と金券ショップの格安チケットはどちらが安いのか?

比較してみた結果、回数券が安い場合もあれば金券ショップが安い場合もあります。

 

まずは、こちらのページをご覧ください。
東京〜名古屋の新幹線格安切符は、10,300円〜9,750円で売られています。

 

基本的に金券ショップで売っている格安切符のほとんどは回数券のバラ売りです。
金券ショップが回数券をまとめ買いして、それに手数料を乗せて売っています。

 

この販売価格が店舗によって違うのは、手数料や仕入れ価格が違うためなどの理由でしょう。

 

 

これに対して、回数券は6枚で60,420円、1枚当たり10,070円です。

 

結果としては、どちらも同じくらいで、安い金券ショップが見つかれば少し安いかな?という感じですね。

 

 

JRの駅や旅行会社では、6枚つづりでしか売っていない回数券を1枚で購入できり金券ショップはありがたいです。
しかし、安いからと言って何でも買っていいものではありません。

 

金券ショップで購入する場合、有効期限など注意しなければならないこともありますので、こちらのページも参考にしてください。

回数券より金券ショップが安い場合とは?

回数券と比べて明らかに金券ショップで格安チケットを買った方が安い場合があります。
しかし、これらも制限があったりするのでよく見て購入することが必要です。

 

自由席の格安チケット

これも回数券のバラ売りだと思いますが、自由席の格安切符は指定席より安いです。
しかし、当然ですが指定席には乗れません。
購入する際は、指定席か自由席なのか確認してから購入しましょう。

 

 

早特きっぷ

回数券以外に「早特きっぷ」が売っている場合もあります。
例えば、名古屋〜新大阪で使える「ひかり・こだま自由席用早特きっぷ」。
指定席回数券1枚当たり5,500円に対して、4,250円で販売されているので、金券ショップでも格安に売っていることもあります。
しかし、早特きっぷは「日にちが指定されている」ので、いつでも乗れるというわけではありません。
早特きっぷで購入する時は、利用日の確認は必須です。
ただし、利用日など間違いなく合えばお得に新幹線に乗ることができます。